肉体改造研究ノート

ウエイトトレーニングをすると、パフォーマンスが落ちる』とよく言われる。だが、コレは半分その通りの半分違うでしょだ。落ちるか落ちないかは、ヤリ方次第だ。ウエイトトレでパフォが落ちたという人は、おそらくボディービルダー式のトレのヤリ方をしているはず。これはヤバイスポーツや武道なんかのパフォーマンスは、言葉では説明出来ない超複雑なカラダのしくみで成りたっている。全身の筋肉、神経などが仲良く手に手を取り合い、超グッドなタイミングでヒジョ〜に上手く連携した時にイケてるパフォーマンスは生まれる。だから、パフォーマンスアップのためには、全身を上手く使うカラダの使い方が重要になる。それとは違って、ボディービルダーさん達は、デカ&スジビシバシ筋肉BODYになるため、わざわざ一個一個の筋肉にバーベルやダンベルとかの重さが直撃するように、全身の連携を遮断して、鍛えたい部分のみを使うカラダの使い方をしている。本などで、こうした方がより効くって書いてあるやつだ。ボディービルダー式の全身が仲良く手に手をとりあわないカラダの使い方でトレして、全身が仲良く手に手をとりあうカラダの使いか方が重要なパフォーマンスを落とさないようにするのは、無茶ってもんなのだ。パフォーマンスを落とさずに、いや、アップするためにウエイトトレーニングをするのなら、全身が仲良く手に手をとりあうカラダの使い方でヤレばイイのである。身体能力もBODYルックスも両方とも磨きをかけたい肉体改造野郎なら、ソレがオススメだ!

その他の肉体改造研究ノート
肉体改造研究ノート一覧


「見てやったぞ!」の印に
ポチポチッとお願いします!(o^∇^o)ノ

人気ブログランキングへ blogramランキング参加中! 

ブログトップページへ移動  ブログメニューへ移動