肉体改造研究ノート

カラダの使い方を磨くことは大事な肉体改造だ。ひょっとすると一番重要なのかもだ。世の中には、達人と呼ばれる人達がいる。達人達の共通点、それは動きに無駄がなく美しいことだ。これは、カラダに無駄な力が入っておらず、全身の筋肉の連携とコントロールが驚異的なレベルだからだ。つまり、普通の人と比べて、カラダの使い方が超繊細で超巧みなのである。達人のようなカラダの使い方、肉体改造野郎なら憧れだ。いろいろ調べてヤッてみてるが、現在の時点で実感してるのは、”最小限の力で”ってことがミソかなだ。じゃ、”最小限の力で”ってのはどうやるのか?”出来るだけ無駄な力を抜く”、”バランス力を使う”。とりあえず今わかってるのはこの2つ。だが、実はこの2つは同じこと。ヤッてみればわかる。出来るだけ力を抜けば、バランス力に頼ることになる逆にバランスを上手くとるには、力んでちゃ上手くいかない。という感じだ。ま、とにかくこの2つを磨くことが、”最小限の力で”のカラダの使い方を磨くことになるんはずだ。そして、そのカラダの使い方に磨きがかかれば、達人のカラダの使い方になっていくに違いない。とは言え、カラダの使い方は奥が深い。引き続き研究だ!


その他の肉体改造研究ノート
肉体改造研究ノート一覧


「見てやったぞ!」の印に
ポチポチッとお願いします!(o^∇^o)ノ

人気ブログランキングへ blogramランキング参加中! 

ブログトップページへ移動  ブログメニューへ移動