肉体改造研究ノート

立つ・座る・歩く、この三つの動作が上手であれば、その人は健康的であり、運動的にも優れているはずです。逆に言えば、健康的でスポーツにも熟達している人は自然にこの三つの動作が上手になっているはずです。この場合の上手とは、柔らかくバランスがとれていて見た目にも自然であり、動きには無駄がなく、しなやかに全身を使うことができるということです。

(『「10の言葉」がカラダを拓く! 太極拳に学ぶ 身体操作の知恵』P.11 中国武術研究家 笠尾楊柳)

筋力をはじめ体力を鍛えることは大事。だが、健康のため上手になるためなんかには、カラダの使い方をトレしなければいけない。カラダの使い方をトレと言うと、なんだか難しく思っちゃうが、いつでもどこでも誰でも出来るトレなのだ。特別の施設で特別の道具を使って、専門家にコーチしてもらわないと出来ないってものじゃない。なんせ誰もが毎日カラダを使って生活しているのだから。無意識に。これを意識して磨けばイイのだ。その中でも『立つ』『座る』『歩く』っていうのは基本中の基本。あとの動きは全部この延長。カラダの使い方というのは、奥が深いだが、誰でもカラダの使い方は、磨きをかけられるもの。今すぐにでも。とりあえず出来ている『立つ』『座る』『歩く』などの普段の動きを磨くこと。これがカラダの使い方のとってもいいトレになるのだ!

『立つ』『座る』『歩く』トレのやる気アップ!

(o^∇^o)ノ


その他の肉体改造研究ノート
肉体改造研究ノート一覧


「見てやったぞ!」の印に
ポチポチッとお願いします!(o^∇^o)ノ

人気ブログランキングへ blogramランキング参加中! 

ブログトップページへ移動  ブログメニューへ移動