やる気が出る話
今回のオススメは、身長が155cmと小柄ながら、
フルコンタクト空手極真会館が、
まだ超過激な大山道場だった頃からの猛者の、
大沢昇こと藤平昭雄さんの稽古量の話。


極真空手ファンならよく知っていることだが、
藤平さんの稽古量は凄まじかったようだ。

師匠の大山倍達さんによると、
なによりも稽古熱心で、始めると7〜8時間、多い時は10時間続けて稽古した。いつも夕方の4時頃に道場へきて、稽古を始めると、筋肉が次々と運動を要求して止まらない。時には夜中の1時くらいまで、ぶっ続けに稽古している事があった。[5]

先輩の黒崎健時さんによると
ある時、大沢がサンドバッグを叩いていたのだが、ちょうど1時間半位して、急にひっくり返ってしまったのである。

後輩の山崎照朝さんによると、
道場内においても、郊外のランニングにおいても、合宿に行っても稽古の量では、この人の右に出る者はいなかった。

その他のエピソードによると、
稽古は毎日、それも合同稽古が終わった後に、独りで夜中の2時までサンドバッグを蹴り続ける[4]。近所から寝られない、との苦情もしばしばあったそうだが、藤平は稽古をやめない[4]。しまいには電灯や水道を止められたが、その中で一人黙々と稽古を続けていた[4]。また、ある時にはパワーをつけるために、夜が明けるまで一晩中バーベルを上げていた事もあった[4]。

大沢昇 - Wikipedia
最終更新 2013年6月7日 (金) 09:08 


きょ、きょ、驚異的なトレ量だ。

一日に合計10時間ではなく、
続けて10時間である…。

夕方4時から夜中の1時まで、
ぶっ続けで稽古である…。

1時間半ひっくり返るまで、
サンドバックを叩くのである…。

あのハードな極真空手の、
それも猛者が揃いまくり時代の道場で、
NO.1の稽古量である…。

合同稽古後に夜中の2時まで、
サンドバックを蹴り続けるのである…。

一晩中バーベルを上げるのである…。

とてもマネなんざデキやしないが、
この稽古量は、燃える!


もっともっとトレのやる気アップ!
ヽ(#`Д´)ノ



その他のやる気が出る話
やる気が出る話一覧

*ブログ更新のやる気アップになりますので、
ポチポチッとお願いしま〜す!(o^∇^o)ノ*

 ↓ ↓ ↓   ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ     blogramのブログランキング

ブログトップページへ移動  ブログメニューへ移動