やる気が出る話

それに対して山崎は柔軟性に恵まれていないゆえに、体全体を目一杯使って蹴る。上体の鋭いリードと両足で床板を跳ねるようにして蹴り込む。インパクトの瞬 間、軸足にパワーもスピードも残さず、出し切ったという蹴り方をする。両足のバネを思い切り使った角度の大きい上段回し蹴りは、受けたとしても、よほど稽古を積んでいないと崩されてしまう。見事という他ない蹴りである。

山崎照朝 - Wikipedia)

今回のオススメは、空手バカ一代というマンガを読んだことがある人や空手ファンならよく知っている、昔の極真空手の猛者、山崎照朝さんを評した話。極真空手の猛者達が絶賛する山崎さん。上段回し蹴りがスゴかったことは、超有名。上段廻し蹴り、つまりハイキックがスゴイんだから、てっきりカラダが柔らかいと思ってしまうが、違うのだ。そんなに柔らかくはなかったのだ。開脚状態でカラダが床にペッタンとつく程でもなかったのである。かわりに、カラダの使い方が絶妙だったのだ。スゴイ蹴り、強い蹴り、華麗な蹴りは、カラダの使い方がカギってこと。もちろんカラダが柔らかい方がイイ。だが、柔らかいおかげで楽に蹴ることが出来るからって、それで終わってはイケないのである。カラダの使い方もタップリとトレした方がイイのだ。う〜ん、勉強になる。スゴくて強くて華麗な蹴りが出来るようになりたいなら、カラダの使い方をタップリとトレするベシ!だ。

蹴りトレのやる気アップ!

(ノ`Д´)ノ


護身術トレのやる気が出る動画
護身術トレのやる気が出る動画一覧

護身術トレのやる気が出る画像
護身術トレのやる気が出る画像一覧

その他のやる気が出る話
やる気が出る話一覧

「見てやったぞ!」の印に
ポチッポチッとお願いします!(o^∇^o)ノ

人気ブログランキングへ blogramランキング参加中! 

ブログトップページへ移動  ブログメニューへ移動