肉体改造研究ノート

上半身の筋肉もより積極的に使われて、首や肩の血行も促進され鍛えことができる。全身の約90%の筋肉を使用する有酸素運動を、疲れをあまり感じることなくより長い時間行える。1分間に110歩程度の速度で歩けば、普通のウォーキングに比べてエネルギー消費量が平均20%ほど高くなる。

また足首、膝、腰などへの負担が最大40%軽減されたという研究結果が報告されており、足腰に故障を抱える人や心臓病など循環器系の病気のリハビリの運動にも適している。体幹の筋肉群を強化できるので、腰痛の軽減などに効果があるとされている

ノルディックウォーキング- Wikipedia)

2本のポールをつきながらウォーキングするノルディックウォーキング。日本でも最近はチラホラ見かける。杖をついて歩いているイメージがあるので、シルバーエイジ向けの運動法だと思われがち。だが、違うのだ。実はかなりの優れモノのフィットネス。考えてみればわかることだが、ポールを持って歩くわけだから、当然上半身のトレにもなっているわけだ。それでいながらイメージ通り杖の役目もしているので、カラダへの負担は軽くなり長時間長距離を歩くことが出来る。年齢不問の、痛み持ち病気持ちでもOKで、有酸素運動をただのウォーキングよりもたくさん楽しめるってこと。優れモノだ!ちょっとしたことでアッチやコッチが痛くなり、その上治るのに時間がかかる中高年には、ありがたい限りのトレだ。2本のポールを用意しておけば、ちょっとやそっとのケガや痛みなら休むことなく運動を楽しめるのだ。ノルディックウォーキング、イケてる!


その他の肉体改造研究ノート
肉体改造研究ノート一覧


「見てやったぞ!」の印に
ポチポチッとお願いします!(o^∇^o)ノ

人気ブログランキングへ blogramランキング参加中! 

ブログトップページへ移動  ブログメニューへ移動