肉体改造研究ノート

IRONMAN (アイアンマン) 2008年 06月号 [雑誌]


これはイイと思い込めば、ホントにイイ効果が出るという話を聞いたことがあるだろう。

その”思い込み”、肉体改造トレにも有効かも。

こんな記事を発見! 

脳はけっこう簡単に気持ちよくなる!(日刊SPA!) - 国内 - livedoor ニュース

記事にこんな話がある。

「例えば、本当は効果がない偽薬を用意して、相手にこう尋ねるんです。『これから注射しますが、この薬を飲めば痛みが和らぐので大丈夫です。ところで、どのくらい痛みが減ると思いますか?』と。それで相手が『6割くらい』と答えたとしましょう。すると、自己申告したとおりに痛みを感じなくなるんです。脳をスキャンすると、自己申告の度合いと、ドーパミンの放出量がほぼシンクロしていました。つまり、ドーパミンの放出はある程度、暗示でコントロールできるんです」(篠原氏)

似たような経験がある肉体改造野郎も多いのでは?

安い栄養ドリンクでも飲めばなんだか元気になった気がする。

今まで意識してなかったが、TVなどで「これにはスゴイ栄養が…」と聞いてからは、
それを食べるとカラダの調子が良く感じる。

スタイルのイイ有名人が「自分はこのフィットネスでスタイルを維持してます。」
と聞いてヤッてみると、「これ、効く」って感じた。

逆に、「これはイイって流行しているが、実はそんな効果は科学的には
証明されていない」とか、「実は、それは逆効果なんです。」なんて聞いてからは、
急になんにもイイとは感じなくなった。

なんて。

というわけで、もう説明するまでもないが、
「このトレ効く」と思い込んでヤレば、トレ効果アップが期待デキそうである。

また、トレ強度やトレ量も「これぐらいデキる」と思い込んでヤレば、
これまたデキそうである。

そりゃ何でもかんでも上手くはいかないだろうが、
トレ効果を上げるのに、”思い込み”、ヤッてみる価値アリ!


その他の肉体改造研究ノート
肉体改造研究ノート一覧 

*ブログ更新のやる気アップになりますので、
ポチポチッとお願いしま〜す!(o^∇^o)ノ*

 ↓ ↓ ↓   ↓  ↓  ↓
 人気ブログランキングへ  blogramのブログランキング

ブログトップページへ移動  ブログメニューへ移動