肉体改造研究ノート

Mastering the Life Plan: The Essential Steps to Achieving Great Health and a Leaner, Stronger, and Sexier Body


筋トレしている者としてない者では、筋力や筋肉量に差がドンドン出る。

これは誰もが知っているあたり前のこと。

だが、その差、思っている以上に大きいようだ。


メタボより怖いのは「ロコモ」!? 40代からの対策で“大きな差” - トレンド - 日経トレンディネット

 

この記事は、メタボの次に今政府が広めようとしている『ロコモ』についてのヤツだが、
その中でここに注目!

筋力は何もしないと加齢とともに確実に減少する。最大の理由は、大人になると大半の人が運動習慣から遠ざかってしまい、子供のころに備わっていた筋肉が失われてしまうこと。なかでも衰えやすいのが、速い大きな動きをする下半身の筋肉(ひざから上)だが、これは運動など普段の生活習慣による個人差が大きい。80歳ではその差が約3倍にもなるといわれている。例えば、肺活量などは元気な人と寝たきりの人でも3倍までは差がつかない。40歳以降の過ごし方で高齢になってから大きく差がつくのが「筋肉」なのだ。

なんと、3倍である。

個人差もあるし、80歳でだし、〜といわれているだが、
思った以上の差だ。

2倍でも差があり過ぎだと言うのに、3倍とはエグイ。

これだけの筋肉、筋力の差があれば、
なにもかもが違ってくるのは間違いなしだ。

こりゃ、肉体改造野郎ならずとも、筋トレは早速ヤリーでしょ!



その他の肉体改造研究ノート
肉体改造研究ノート一覧 

*ブログ更新のやる気アップになりますので、
ポチポチッとお願いしま〜す!(o^∇^o)ノ*

 ↓ ↓ ↓   ↓  ↓  ↓
 人気ブログランキングへ  blogramのブログランキング

ブログトップページへ移動  ブログメニューへ移動