肉体改造研究ノート


皮下脂肪ではなく、内臓脂肪を減らす

〈All About〉



健康に良くないのは内臓脂肪だそうだ。お腹回りなんかにつくポチャポチャの皮下脂肪よりも、お腹の内臓の回りにつく内臓脂肪の方が健康には影響大らしい。腹回りがデカいのに、腹回りの皮下脂肪が手でつかめない時はヤバイそうである。内臓脂肪がタップリの可能性大なのだ。内臓脂肪が多いと、糖尿病、血栓症、動脈硬化、高血圧を後押しすることになるそうだ。とにかく、内臓脂肪は少ない方がいいみたいだ。多くてもいいことなさそうなので減らすべきである。それに、男は内臓脂肪がつきやすいらしい。男性ホルモンには、筋肉を増やす働きがあるそうだ。しかし、同時に筋肉を増やすためのエネルギー源である内臓脂肪も増やすそうだ。逆に女性ホルモンは、内臓脂肪より皮下脂肪を蓄えようとするらしい。てっきり女の人の方が内臓脂肪はつきやすいと思っていたが違った。内臓脂肪がつきやすいのは、男だったのだ。そう いえば温泉や銭湯に行くと、やせているのになぜか腹だけ妙にデカい人をよく見かける。アレって内臓脂肪満タン腹なのかも。内臓脂肪を減らすには、有酸素運動すること。よく言われてるように、有酸素運動をすると脂肪が燃焼されるので、内臓脂肪も減るようだ。内臓脂肪は、たまりやすく減りやすいという性質らしいので、運動の時のエネルギー源としてたくさん使われるようだ。有酸素運動は、一回に長時間タップリやらなくても、分割でやってもいい。よ く有酸素運動は20分〜30分以上しないと脂肪は燃焼しない、つまり減らないというのを本で読んだことがあるが、違うらしい。それ以下の短い時間でも脂肪 の燃焼が起きないわけではないらしい。ということは、出来る時には長時間タップリウォーキングなどの有酸素運動をすればいいが、毎日の有酸素運動は、時間的にも気持ち的にも無理がない程度に、一日の中で短かいのを何回かやるというやり方でもOKなのだ。これなら出来る!続けられる!

有酸素運動のやる気アップ!

(o^∇^o)ノ


その他の肉体改造研究ノート
肉体改造研究ノート一覧


「見てやったぞ!」の印に
ポチポチッとお願いします!(o^∇^o)ノ

人気ブログランキングへ blogramランキング参加中! 

ブログトップページへ移動  ブログメニューへ移動